実行委員より第八回真宗合同布教大会のお礼とご報告

実行委員より第八回真宗合同布教大会のお礼とご報告

日時:2016年6月25日㈯ 10:00〜17:00
参拝者数:約250名
ネット中継視聴者数:のべ160名

 
第八回真宗合同布教大会は、この度初めて本州を離れて、鹿児島市にあります浄土真宗本願寺派本願寺鹿児島別院にて開催されました。

午前10時の開会式から午後5時まで、県内外問わずたくさんの参拝者の方にお越しいただきました。
鹿児島の地はご承知の通り、室町時代末期から明治9年までお念仏が禁止され、浄土真宗の信者であることが発覚すれば厳しく罰せられてきたという歴史があります。しかし、先人たちはその間も決して信仰を捨てず、時には命がけでお念仏を伝えてくださったのだとお聞きしました。そんな念仏禁制が解かれてからちょうど140年に当たるこの年に、鹿児島の地で真宗合同布教大会を開催できるご縁に恵まれたことは、この上なく有り難いことでありますし、改めてお念仏が今この私に至り届いている事の不思議を感じながら、11名のご講師のお話しをお聞かせていただいたことでした。

 
開催にあたりご協力いただきました、浄土真宗本願寺派本願寺鹿児島別院様並びに同鹿児島教区教務所様、ご協賛いただきました各団体様、そして当日会場またはネット中継でご参拝いただいた全ての皆さまに心より御礼申し上げます。

 

次回は来年6月の予定です。また皆さまとお会いできますことを楽しみにしております。今後とも真宗合同布教大会をよろしくお願いいたします。

実行委員 松嶋亜紀子