真宗合同布教大会は今後年一回の開催となります。

みなさまへ

拝啓 晩秋の候、皆様、お変わりなくお過ごしのことと拝察します。

日頃より当会の活動にご理解、ご協力を賜りまして有り難うございます。

「若手有志による真宗合同布教大会」は平成24年6月15日に第一回大会を開催して以来、一年に二回、大会を開催して参りました。当初、6名だった実行委員も現在では19名もの大所帯となりました。しかし、発足時より3年の月日がながれ、また、開催地も全国各地へと広がりを見せる中、大会当日に集結できる実行委員も少なくなってきているのが実情です。そこで、実行委員会では今後の大会開催について検討をし、これまでの年に二回の開催から、年一回の開催へと開催回数を減らすことに決定しました。もちろん、一年に一回の開催となりましても、これまで同様、真宗の法話をしてくださる若手僧侶の方、感話をしてくださる方にご出講いただき、皆様と共にお念仏申させていただきたいと思っています。

本来ですと来年の2月頃には第八回大会を開催するところですが、少し間隔をあけて来年の6月頃に第八回大会を開催したいと考えています。

どうか、年一回になりましても、これまで同様、皆様と会場にて、ネットを通じてお会いできますことを楽しみにしていますので、引き続き、ご指導、ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

真宗合同布教大会 太田幸典