実行委員より第七回真宗合同布教大会のお礼とご報告

実行委員より第七回真宗合同布教大会のお礼とご報告

この度は、第七回真宗合同布教大会に、遠近各地より、お集まりくださいまして、まことにありがとうございます。ネット参拝の皆さまも、ありがとうございます。

浄土真宗の各宗派を超えて、共に学ばせていただこうと、3年前に始まり、京都や福井、三重県などで開催してまいりました。この度、はじめて広島の本願寺広島別院での開催となりましたが、いかがでしたでしょうか?

初めての方があったり、手話も出来る方があったり、ご門徒さんのお話もありました。同じ浄土真宗ですが、宗派が違うと、スタイルといいますか、法話の作法、雰囲気なども違って、新鮮だったのでしゃないでしょうか?また宗派が同じでも、やはりお一人おひとり、雰囲気も違えば、話の流れも違ってきますが、それぞれの立場から、大切に、お伝えくださいました。

それぞれ違っても、ご本願、お念仏を芯としてつながり、それぞれの一歩を感じる、尊い時間でございました。

この度の布教大会ですが、安芸教区で行われています、非戦平和を願って70年法要の関連行事としての公募「あなたの平和を表現してください」のひとつとして、開催させていただくこととなったので、広島別院本堂を使わせていただくことができました。改めて、感謝申し上げます。

一連の行事のキャッチコピーが、「あなたの一歩が平和を作る」ですが、来てくださったみなさんお一人お一人の一歩にも、あらためて感謝申し上げます。この度、出講してくださった皆さんは、立場は違えど、同じ方向を目指す仲間であったり、遠近各地からお聴聞に来てくださった、共にお念仏をいただく仲間というのは、本当に貴重なご縁だと強く思います。みなさんがたお一人お一人にとってもそうであれば、うれしく思います。

親鸞聖人のお言葉に、心を弘誓の仏地に樹て、念を難思の法海に流す、とあります。平和なお念仏の木が、枝葉を広げて、木陰を作るように、この真宗合同布教大会のご縁が広がって、あたたかい社会を作っていく、一歩になればと思います。

次回は来年2月に開催させていただくことになっております。開催場所はまだ決まっておりませんが、またお会いできますことを念じています。
ありがとうございました。

実行委員 広幡 康祐